Cancer treatment

がん治療 初診料・カウンセリング料

初診料 紹介状あり ¥5,500
紹介状なし ¥8,800
カウンセリング料 1時間 ¥11,000

がん遺伝子治療
本来ヒトが持つ、がん抑制遺伝子を
再び機能させることで、
がんを抑制する治療です。

いつでも私たちの細胞は、細胞分裂を繰り返しながら新しい細胞に置き換わっています。しかし、慢性的な炎症や紫外線、発がん性物質などで遺伝子が傷ついてしまった場合は、傷ついてしまったおかしな遺伝子の情報をコピーすることになります。そのため、私たちの細胞は分裂開始前に遺伝子のチェックを行い、遺伝子の損傷を発見するとそれを修復してから細胞分裂を行っています。細胞の分裂前に修復しきれない量の遺伝子損傷がある場合は細胞自身に自己死滅のスイッチを入れて細胞を死滅させる作用(アポトーシス)が働きます。この遺伝子のチェックを行うものががん抑制タンパク質であり、これが機能しないと遺伝子損傷を持ったままの細胞が自滅することなく無限に増殖してしまうことがあります。これががん細胞の発生です。

当院のがん遺伝子治療

がん抑制タンパク質を作るための情報ががん抑制遺伝子であり 、この遺伝子情報をがん細胞の中に投与しがん細胞を自殺に導く治療法ががん遺伝子治療です。
がん遺伝子治療には遺伝子の運び屋(ウイルスベクター)を使います。当院ではレンチウイルスを用いた投与を行っております。レンチウイルスに正常な遺伝子情報を組み込みがん細胞に感染させることで、がんのこわれた遺伝子情報を修復しがん細胞の増殖力を弱めたり、がん細胞をアポトーシス(自死)に導きます。

がん遺伝子治療に用いる遺伝子

■p53【遺伝子の司令塔】

細胞のストレスや遺伝子損傷などの「危険信号」を察知すると活性化するがん抑制遺伝子です。がんを防ぐために、さまざまな遺伝子に命令を出すため「ゲノムの守護者」と呼ばれています。遺伝子修復やがん細胞をアポトーシスさせることでがん細胞を消し去ります。


■p16【がん細胞に初期対応】

p16は細胞分裂の周期の調整に重要な役割を果たしているタンパク質です。細胞分裂を停止させて、細胞を老化させることで異常な細胞の増殖を防ぎます。正常な細胞ではp16はほとんど機能していません。p16は肺がん、膵臓がん、腎臓がん、子宮がん、乳がんなどで壊れている場合が多く、これが機能しなくなると細胞の増殖を抑制できず、がんが促進されてしまいます。


■TRAIL【がん細胞を選択的に攻撃】

TRAILはTNF(腫瘍壊死因子)ファミリーに属する免疫システムのサイトカイン伝達物質のひとつです。TRAILはがん細胞の表面に存在する受容体(デスレセプター)へ結合しアポトーシス誘導シグナルを細胞内に伝達することで、がん細胞のみに選択的にアポトーシス(自死)に導きます。


■cdc6shRNA【がん細胞増殖を抑制】

cdc6(cell division cycle 6)は、細胞を増殖させるために働くタンパク質で、細胞周期の調整因子のひとつです。がん細胞はこのcdc6の過剰な発現により、細胞分裂をコントロールできなくなり無限に増殖します。この増殖を阻害するcdc6shRNAを投与することで、がん細胞の増殖停止やアポトーシス(自死)に導きます。


■PTEN【アポトーシスを制御】

PTENはアポトーシスの抑制や細胞増殖に関与しているがん原遺伝子「AKT」の働きを制御する酵素です。そのため、PTENに異常が起こるとAKTの働きを制御することができなくなります。そのため細胞に異常が生じた際に細胞をアポトーシス(自死)できなくなったり、細胞増殖がとまらなくなったりします。正常なPTENを投与することで、がんの増殖に歯止めをかける治療になります。PTENの異常は前立腺がん、膵臓がん、乳がん、子宮がん、大腸がんなどで異常を起こしている場合が多く報告されています。

がん遺伝子治療 料金表

p53 ¥143,000(税込)
p16 ¥110,000(税込)
TRAIL ¥143,000(税込)
cdc6shRNA ¥116,000(税込)
PTEN ¥110,000(税込)

自家がんワクチン療法
手術で採取したご自身のがん組織を使った
オーダーメイドのがんワクチンです。

自家がんワクチンは、手術で取り出したがん組織を作製原料として使い、患者さま専用に加工して投与するオーダーメイドのがんワクチンです。
同じの種類のがんでも、患者さま一人ひとりでがんの特徴は全く異なります。治療のためのがんワクチンは、自分のがんの特徴に完全に一致する必要があります。
「自家がんワクチン」の作製には、免疫細胞を活性化する刺激剤として、患者さま自身の手術で取り出したホルマリン固定(またはパラフィン包埋)されたがん組織を特殊加工して無毒化したものを使用します。(※ ホルマリンは、自家がんワクチンの製造工程で十分に洗浄除去されています。安全性には全く問題ないレベルとなっています。)この組織の中には「がん抗原」といわれるヒトの免疫細胞が異常と見なすことができる目印が含まれており、免疫細胞にこのがんの目印を覚え込ませて、がん細胞だけを選択して攻撃するように教育します。ワクチンの製造工程で細胞培養などは行わないためがんワクチンの中では、比較的短時間で安価に製造できます。

「自家がんワクチン」を投与すると、患者さま本人の体内で免疫細胞が活性化され、活発にがん細胞を殺すようになります。がんの手術で取り残した、目には見えない小さながん細胞を免疫細胞が殺してしまえば、がんの再発防止、がん転移の予防、残った小さながん組織を破壊することができます。

自家がんワクチンは「未承認医薬品」のため、「自由診療(自費負担)でのみ受診可能」です。

自家がんワクチン療法の流れ

自家がんワクチン療法 料金表

自家がんワクチン療法 ¥1,650,000(税込)

水素吸入療法
悪玉活性酸素を除去し、
酸化ストレスを軽減する治療です。

水素吸入療法とは、体内に蓄積する酸化力が強い悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカル)を除去して、酸化ストレスを軽減する治療です。私たちの体の細胞の中にあるミトコンドリアは、酸素を使って細胞の様々な活動に必要なエネルギーを生み出します。その際に発生する活性酸素は、タンパク質や脂質、DNA等を酸化することで細胞傷害を引き起こし、さまざまな疾患の原因となることが分かっています。特にヒドロキシラジカルは、老化やがん、糖尿病、高血圧などの数多くの疾患に深く関わる悪玉活性酸素といわれています。
水素吸入療法は、水素を吸引することでヒドロキシラジカルを除去し、病気の予防・治療、がん治療中の副作用の軽減、がんの進行抑制を目的とした治療です。

悪玉活性酸素の除去の仕組み

活性酸素とは

活性酸素とは、「喫煙」、「大気汚染」、「紫外線」、「放射線」、「激しい運動」、「身体的/精神的ストレス」などで発生し、体内に蓄積する酸化力が強い悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)のことを言います。細胞内に過剰に発生した悪玉活性酸素は、細胞を内部から酸化させ遺伝子や細胞膜を破壊します。活性酸素は健康な細胞を次々と死滅させていきます。これが俗に言う「体がサビる」という現象です。これにより以下のような現象・病気が引き起こされます。

水素の多様な疾患への効果

糖尿病、高血圧、メタボリックシンドローム、二日酔い、
肌のシミ、シワアレルギー、内臓の老化、DNA損傷による発がんなど
※青字は臨床試験の発表済み

水素水の主要な臨床試験結果

人間に対して行った効能検討のハイライト
※プラセボを排除した二重盲検法のみを抜粋

水素による抗腫瘍効果

がん細胞でNF-κBという転写因子(遺伝子の発現を調節する細胞内のタンパク質)の活性が高まると、がん細胞は死ににくくなり、抗がん剤へ抵抗性が出現し増殖や転移が起こりやすくなります。さらに、がん細胞や炎症細胞のNF-κB活性が高まると、内皮細胞増殖因子(VEGF)や単球走化因子-1(monocyte chemoattractant factor-1)やインターロイキン-8(IL-8)やシクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)など、腫瘍血管の新生に関与する蛋白質の産生が増加します。したがって、NF-κB活性を抑制すると、がん細胞の増殖や転移を抑えることができると考える活性酸素による酸化ストレスや、炎症反応の中心的な腫瘍壊死因子α(tumor necrosis factor-alpha, TNFα)は、転写因子のNF-κBを活性化することがわかっています。

従って、「活性酸素を消去して酸化ストレスを軽減」することで「NF-κBの活性を抑制」することで、がん組織への血管の新生が抑制され、がん細胞の増殖活性が低下すると考えられます。結果的に体に負担をかけずに「がんとの共存」あるいは「がんの縮小」が期待できると考えられています。

高濃度ビタミンC点滴療法
点滴を用いて高濃度のビタミンCを投与することで、
美肌や疲労回復、免疫向上やがん治療などの
効果を得られる、抗酸化療法です。

「ビタミンC」とは栄養素としての一般名称であり化学名は「アスコルビン酸」といいます。サプリメントなどによるビタミンCの経口摂取では、ビタミンCが全身の隅々に行き渡る前に酸化されてしまいます。点滴で血液中にビタミンCを投与し、血中濃度を上昇させることで、過酸化水素を発生させてがん細胞を攻撃します。正常細胞は、カタラーゼという酵素の働きにより、活性酸素を中和しダメージを受けることはありませんが、がん細胞の多くはカタラーゼを持たないため活性酸素により破壊されてしまいます。
また、多量のビタミンCはがん細胞発生を抑制する、「予防」としても働きます。強力な抗酸化作用によって細胞ががん化することを防ぎ、白血球やマクロファージの機能を高めて免疫機能を強化します。
余分なビタミンCは速やかに尿中排泄されるため、過剰摂取による重大な副作用の心配は少なく、化学療法や放射線治療の併用療法としても選択していただけます。

高濃度ビタミンCでのがん治療は副作用が無いだけでなく、肌がきれいになった、身体の調子がよくなったというがん治療以外の効果も見られるようになり、健康や美容の目的にも使用されるようになりました。年齢やストレスによる肌の酸化を防ぐことで、シミやくすみの改善を行い、コラーゲン生成作用がありますのでお肌に潤いやハリを出す効果が期待できます。また、喫煙により体内のビタミンCは破壊されてしまいますので、タバコを吸われる方にもおすすめです。

効能

  • ・抗がん作用
  • ・抗酸化作用
  • ・美肌、美白作用
  • ・がん予防作用
  • ・免疫力の向上
  • ・慢性的な疲労回復効果など
  • ・風邪等の感染症予防

禁忌

■G6PD異常症

G6PD活性の低い方に高濃度のビタミンCを静脈投与すると、重症の急性溶血性貧血発作を起こす場合があります。
※当院では事前にG6PD検査を実施しています。(料金:税込7,800円)

副作用

  • ・血管穿刺部位の疼痛、血管痛、頭痛、嘔気など
  • ・低血糖
※ビタミンCとブドウ糖の構造が非常によく似ているため、施術前はある程度きちんとお食事を摂ってご来院ください。
12.5g ¥5,800(税込)
25g ¥9,800(税込)
50g ¥15,800(税込)